スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
クライング・フィスト 泣拳
良い作品ではありましたが、
「チャンプ」とか「ロッキー」とか
過去の名作のおいしい所取りって感じも否めません・・・
私は期待しすぎたのでしょうか・・・

接点のない二人がボクシングで対決するに至るまでを
非常に丁寧に描いています。

この二人にとって、ボクシングとは・・・
そして勝負の行方は・・・

新人王戦の決勝でぶつかる二人にとって、
勝負は大切なものですが、それ以上のものを
この試合を通して得たのが伝わってきます。

ラストに至るボクシング対決は見ものです。

爽やかな感動が残る作品です。gazou512.jpg


かつてはアジア大会の銀メダリストになったこともある人気ボクサーのカン・テシク。しかし事業に失敗、莫大な借金を抱え、妻子にも逃げられた彼は、路上で“殴られ屋”をするしか道がなかった――。ケンカとカツアゲに明け暮れる荒んだ日々を送る19歳のユ・サンファン。やがて少年院送りとなった彼は、そこでボクシングに目覚める――。そんな2人の人生が、やがて激しく交錯するさまを描いた熱き男のドラマ。主演は「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシクと「ARAHAN アラハン」のリュ・スンボム。監督も同じく「ARAHAN アラハン」のリュ・スンワン。
スポンサーサイト
2006/12/03 | 映画の小部屋 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。