スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
インプリント ?ぼっけえ、きょうてえ?
マスターズ・オブ・ホラー 恐-1グランプリ 三池崇史 インプリント ?ぼっけえ、きょうてえ? です。

gazou484.jpg


おそらく明治の頃、クリスは男が女を買うためにだけに通う島を訪れる。彼が探す女はいなかったが、そこで醜い顔の女と出会う。それは死と生・現実と妄想が交錯する、長く恐ろしい夜が始まりだった。

きゃ?、なんともおぞましい・・・
この言葉がぴったりです。

クリストファー役は「アンタッチャブル」でクールなギャング役のビリー・ドラゴです。一目であの人だ!と思いました。
そして、工藤夕貴、美知枝、根岸季衣と芸達者な役者さんが揃ってます。そして原作者の岩井志麻子も・・・
志麻子さん・・・怖いよ・・・原作も読んじゃおうかな?

gazou485.jpg



全編英語ですが、さすが三池監督!
日本の暗さやおぞましさを見事に表現してます。
遊郭にはありがちな女の嫉妬の話を中心にすえ、
そこに至る「醜い顔の女」の過去や正体、そして
クリストファーの過去になにがあったかなど、
63分にうまくまとめあげてます。
ただ残酷なシーンの連続なので
繰り返しみるにはちょっとね・・・

このシリーズはどれもほぼ60分。
無駄がない分、中身は濃いと思います。

もうこれなんかは芸術ですよ!
スポンサーサイト
2006/12/05 | 映画の小部屋 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。