スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ザ・ケイヴ
冒頭部分であれっ・・・失敗かも・・・と思いました。

最近洞窟ものって流行ってるのかな?
最近観た「ディセント」や「地獄の変異」などに比べると
ちょっとチープな感じ・・・
お金かけてないよねみたいな作りです。

☆あらすじ☆次世代のホラー映画を担う存在として期待されるオラトゥンデ・オスサンミ監督による新感覚パニックホラー。中央アジアの広大な砂漠・ギジルクムにて洞窟探険を行う男女8人。しかし、好奇心に満ちた探険はガイドが何者かに殺害されたことで一変する。 TSUTAYA DISCASより

装備にしてもなんか非常に簡素で、本当にプロ集団?
なんかピクニックみたいにどんどん洞窟の中を進んでいく。
未開の地を探検するけど、届けは出していない。
この辺りも洞窟もののお決まりですね。
遭難しても誰も助けに来ない設定になってますよ!
そしてこれもお決まりですが、何かしら過去がある。
それがトラウマになっていて、何か事件が起こるとそれが頭をよぎる。

ううん、仕方がないか・・・
そしてここに得たいの知れない何かに襲われる・・・
でも洞窟という一種の密室状態の中に息苦しさはあります。

懐中電灯のバッテリーが切れたり、字幕以外何も写ってない状態があったり、化け物がなんだかさっぱり見えなかったり・・・

次々に襲われて死んでいきます。
しかも無残に体を引きちぎられてます。。。

最後に女性二人が残りますが・・・

えっ?これって花嫁かい?

ネタバレあり!注意↓


続きを読む...
スポンサーサイト
2007/04/27 | 映画の小部屋 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
DEATH NOTE デスノート the Last name
いや?Lがよかった!!
だって松山ケンイチだし?

私は原作は読んでいないので、劇場版で十分楽しめました。

でも、やっぱり藤原竜也ってすごいな?と思うわけですよ。
童顔なんだけど、それを全く感じさせない演技力!
この人はどんな役をもらっても彼の中で十分消化吸収して
その役になりきりますよね。すばらすぃ?

話は前作がらの続きで2冊目のデスノートが舞い降りてくる。
それをキラを崇拝するアイドルの弥海砂が拾い、死神の目も手に入れる。そこからキラの計画も段々と歯車がかみ合わなくなりだす。

もう、ずっとLを見てましたよ。
最近松山君は大のお気に入りなんで・・・

彼も藤原竜也に負けず劣らず、色んな役をこなします!!
雰囲気を作り出すのが上手いのかな?
今、セクシーボイスアンドロボに出演中ですが、
今に比べると大分細くない???
やっぱるL役に徹するためにすこしやせて臨んだのかな?

NANAにも出てたよね。レンが抜けた後に入ったベーシストが
確か松山ケンイチだったと思います。
どこから見てもバンドマンでかっこよかったよ。

まぁ最後がキラと死神の知恵比べみたいになるわけだけど、
原作でも最終話に不満を漏らす声を大分聞きましたが、
ここまで頭脳戦を展開してきて、そんな終わり方???
というのは原作通りなのでしょうか。

とにかく松山ケンイチ萌えなのでありました

2007/04/27 | 映画の小部屋 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。