スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
地球へ… 第5話「死の跳躍」
今日はシロエ登場ですね!

さて、ジョミーはミュウの船内でトレーニング中ですね。
力だけは強大なのですが、中々中身が伴いません。
しかし、船内のミュウ達もジョミーを認めないのね?
お互い意地っ張りにしか見えないんだけど・・・

ジョミーは思念を飛ばしてシロエを見つけます。
そして、シロエはそれに気づきます。
これもまた強大なパワーが潜在しているのでしょうか・・・

やはり、この子もミュウだ・・・

いずれその力が目覚める。
その時にジョミーはブルーのように力になれるのだろうか・・・

ジョミーをピーターパンだと思い込んでるシロエ。
ジョミーは彼を迎えに来たが、ネバーランドには行かないと言う。
皮肉にもこの子の父親はミュウ追撃の貢献する博士だ。
我が子がミュウだと知る日も来るだろう・・・
実子ではないにしても切ないね。

その頃、船は攻撃を受けていた。

シロエの母親に姿を見られたジョミーは
母親に力を加える。それに反抗してシロエはジョミーに
攻撃を加える。やはりその力がかなりのものだ。

やっと船に戻ったジョミー。
以前とは違い、自分の力の使い方も覚え、
かなりたくましくなってますね!
艦長も嬉しそうだ。

ジョミーの力で危機は回避されたが、その体力も限界に達していた。
その時ソルジャーの声が・・・
ワープだ!

このところずっとソルジャー・ブルーのベッドのそばで過ごすことが多いジョミー。

シロエをつれて来れなかったことに自分の無力さを思い知るのだが、
そんなジョミーにブルーは
「自分を信じることから道は開ける。
 事のよしあしはすべて終わってみなければわからない。」
と勇気づける。

確かな信頼関係が出来上がった二人の姿を見るのは
大変喜ばしいことですね。
でもブルーの命は燃え尽きようとしています。

次回はキース登場ですね。
このキャラが1番好きかも・・・



スポンサーサイト
2007/05/05 | プチおたく日記vol.3 | コメント(2) | トラックバック(3) | page top↑
DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第5話 「災厄の紅き夢は東欧に消えて…前編」
中々萌えな契約者が登場しましたね。
金髪・ブルーアイズ

でも…

対価はタバコを吸う事らしいけど、
タバコは本来吸えないらしく、かっこわりー・・・
彼の名はノーベンバー11!

gazou192.jpg


エイプリルはビールを飲むのが対価?
ぷは?って風呂あがりかい!
ジュライはドール?


☆あらすじ☆史上最低最悪と称される契約者が捕獲された。彼女の名はハヴォック。5年前、南米のヘブンズゲート消失の際に、契約者としての能力をなくしたという。警視庁公安部の霧原未咲は、契約者ノーベンバー11とともに、ハヴォックをゲート内情報研究機関「パンドラ」へと移送する。そこへ、ヘイが出現。移送車両を襲い、ハヴォックを連れ去る。5年ぶりに再会を果たすヘイとハヴォック。二人とも、ヘブンズゲート消失事件に遭遇していたのだ。公式HPより

なんかいっぱい契約者が出てきたね?
なぜかBLOOD+を思い出した…

ヘブンズゲートって日本だけじゃなかったんだね。
しかも消失したって…
パンドラとか新たな事実が色々と出てきた。

ハヴォックを追ってCIAが現れたらしいけど、
ノーベンバー11が車のトランクに押し込めてた…
あらら…

そこに来たのは「黒の死神」そう・・・ヘイだ!!
やっと登場だよね。
ハヴォックはホァンが奪還。

ハヴォックとヘイは二人で出て行ったよ。
そして「妹がどこに?」と問い詰めるヘイ
妹の名はパイ。パイって白?
兄妹で白黒なわけだ・・・

なんだか色んな過去がいっぺんに噴出してきた感じ。
後編に期待します!






2007/05/05 | プチおたく日記vol.3 | コメント(0) | トラックバック(11) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。