スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
Re:DIAL リダイアル
意外とストーリーに引っ張られたんですが・・・
でも、最初に電話がかかってきた時に

まさか、この映画のおちって・・・
ラストがあんな事になるんじゃないかしら・・・

まぁ的中したわけですよ!

☆あらすじ☆『フレディVSジェイソン』のモニカ・キーナ主演によるサスペンス。偶然から連続殺人鬼に間違い電話を掛けてしまったニコール。殺人鬼に電話で罵られ、自分の住むアパートから逃げることもできないニコールは、警察に身辺警護を依頼するのだが…。 TSUTAYA DISCASより

彼氏と別れたばかりのニコールのもとに母親からの電話が入る。
母親にニコールの思いは通じず、批判されるばかり・・・
パニック状態に似た症状になるニコール。
腹を立てて電話を切る。
そして、彼女には前身ガタガタと震える症状が・・・
なんとか気を取り直し母親に電話をかけなおすのだが・・・

ここで電話は母親ではなく、とある殺人現場に通じていた。
そして、リダイアルでかかってきた電話の主は殺人鬼であった!

この殺人鬼は人を殺す現場からニコールに電話をかけてきていた。
第1の殺人の時に、通話記録からニコールの身元が判明し刑事が来る。
この優しく守ってくれる刑事に次第に惹かれていく。

殺人鬼はジョーと名乗り、最初の現場からまっすぐにニコールの元に向かっていた。その途中、横切る州で必ず誰かを殺しながら来るのだ。
この辺りの緊迫感は中々楽しめた。

話の中に不気味な管理人や、怪しい隣人、何かしら別れた恋人の秘密を知ってるらしい・・・

そしてこのアパートにも何か秘密があるみたい。
元々が中学校だったというこのアパート。
プール跡がまだある。
建物が古く、すぐにブレーカーが落ちる。
等々、小細工が効いていたんだけど・・・

ラストまでこの調子で作り上げたら結構な傑作になったと思うんだけどな?。もうこのオチは止めにしませんか?
クオリティーが一気に下がる気がする。








スポンサーサイト
2007/05/10 | 映画の小部屋 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
イ・ジュンギ
「王の男」でチャンセンを演じたイ・ジュンギ
中々萌えですなぁ?

gazou210.jpg


1982年4月17日生まれ、牡羊座。178cm、 63kg。A型。

彼は日本人に間違えられることがあると言います。
高校の時のあだ名は「ナカムラさん」だったとか…(笑)

切れ長の目がとっても魅力的ですね
鼻筋も通っていて、唇の形もいい

gazou206.jpg


確かに日本人にもいますよね!
でも、最近の日本人は切れ長の涼しげな目元を嫌い
男でも整形手術をする人もいますよね。
もったいないでしょ・・・

今度は宮崎あおいと「雪花・バージンスノー」で共演しますね。
時代ものから現代劇とガラッと雰囲気は変わりますが
彼の場合はどちらも違和感はありません。

gazou209.jpg


若く見えますが25歳です。
男としても魅力が開花するのはこれからではないでしょうか。
草薙君主演の「ホテルヴィーナス」にも出演してるんですね?
この作品も観ましたが、イ・ジュンギは・・・
記憶にありません・・・

彼の特技はテコンドー。しかも2段と有段者です!

gazou211.jpg


なんとなく自分のために「イ・ジュンギ」特集を
やってみました。

2007/05/10 | 雑記帳 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。