スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
パプリカ
なんとも感想書きにくいな・・・
面白かったのかつまらなかったのか良くわからない・・・

☆あらすじ☆「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」でその名を世界に知らしめた日本を代表するアニ メーション監督、今敏が文学界の巨匠・筒井康隆と手を組み、1993年に出版され、映像化不可能といわれたSF小説の傑作「パプリカ」を見事にアニメーション映画として蘇らせたサスペンス超大作。
他人の夢に入り込み無意識の世界をモニターすることで治療を行う画期的な装置“DCミニ”が何者かによって盗まれる。次々と意識に進入し夢を犯していく“夢のテロリスト” に立ち向かうべく“夢探偵パプリカ”が悪夢の中に入っていく。何者かによって操作された夢と現実世界が交差した時、物語は今までのイマジネーションを覆す精神世界に突入し、驚くべき結末を迎える―。




映像の素晴らしさは中々のものだ。
悪夢の表現とか音楽とか自分の意識下に埋め込まれる感じがする。
ガラクタの行進は見ごたえがあります。
天まで届きそうなカイブツはなんかジブリ作品を思い出す。

最近のアニメはよく人気俳優を起用していますが
こちらは豪華声優陣で固められています。
やっぱりアニメは声優さんがいいですね。
そのほうが物語にすんなり入っていけるような気がします。
パプリカの林原めぐみは納得がいきますが、
超巨漢の時田役に古谷徹の声って言うのが意外で・・・
でもなんかよかったな・・・

夢の中を自由に飛び回るパプリカが魅力的でした。
現実世界が暗く、夢の世界が鮮やかに描かれていたギャップが
より鮮やかにパプリカを引き立たせたんだと思います。

今敏作品にはパーフェクトブルーや妄想代理人、老人Zなど
大好きな作品が多いです。
ちょっと不思議な世界へ誘ってくれますよ。




スポンサーサイト
2007/07/09 | 映画の小部屋 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
らき☆すた 第14話「ひとつ屋根の下」
今日はこなちゃんの従姉妹のゆたかちゃん登場です!
婦警のおねーさんの妹です。

おおーーーー可愛いじゃないか!
こなパパの人生って勝ち組だってさ!
ある意味そうだよね?

ゆーちゃんは受験の時にハンカチを貸してくれた子を
探してます。

なんか・・・小学生と大人って感じなんですけど・・・
同級生ですか・・・

ゆーちゃん虚弱体質なのね・・・

えーーーかがみんちはまだ黒電話なのーーー???

メイトでこなちゃん大号泣してるよ・・・
まっほっとこー

小学生の女の子に連日声をかけるという事件が発生してるらしい・・・
私はてっきりこなパパの仕業かと思ったよ・・・
やっぱり気持ちはわかると言ってるよ・・・
本当に警察のお世話になるようなことだけはしないでよね?

双子ちゃんにゆーちゃんを紹介してます。
さて・・・こなちゃんはどんな風に教えてんでしょうね?
想像つきますよね?

話題は第二ボタンになってます。
なんかゆーちゃんは恋愛には縁遠いみたいねぇ

彼女達の高校は進学校だからお勉強は大変みたいね。
こなちゃんたちは3年生だよね・・・
中学の時の制服はどうしてるかって・・・
こなちゃんはコスプレ用に取ってるって・・・ああ・・・

運動神経ってどこの神経?ってこなちゃん・・・

婦警のねーさんは一体何をしようとしてるんじゃ・・・
警察官だろうが・・・

こなちゃんの日常にゆーちゃんは尊敬のまなざしです。
全てが新鮮なんだろね?
確かに女の子でここまでオタク道を貫いてるのは
珍しいもんね?
こなたねーさん頑張れ!!

らっきーちゃんねるのあきらは荒れ放題!
白石がんがれ!

大変だ・・・
EDはまた白石だ・・・
「ハレ晴レユカイ」だって・・・

来週は25時からの放送だそうですよ?



続きを読む...
2007/07/09 | プチおたく日記vol.3 | コメント(0) | トラックバック(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。