スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
モノノ怪?化け猫?
またしても化け猫ですが、
今回のは現代版…と言っても昭和初期かな…

このシリーズって化け猫には特別の思い入れがあるのでしょうか・・・とにかく絶品ですね?
この昭和初期の時代に薬売りさんはあの格好で出てきます。
なんか、ちんどん屋さんなんて言われてたけど…
出だしはエリザベスカラーをつけたかわいい猫ちゃんが
絶対許さないとか言いながら線路を歩いてましたが・・・

洒落た構成は相変わらずで、前作の登場人物も現代人になって登場してますよ!
今回はどうやってその怨みを晴らすのでしょうか・・・
きっと期待を裏切ることなくたっぷりと見せてくれることでしょう
来週も楽しみです。

あらすじ:「化猫」・・・全3話
地下鉄の新路線の開通式。そこは大勢の人々でにぎわっていた。地下鉄開通の立役者である福田市長に市民が盛大な拍手を送る中、市長や招待客たちを乗せた第1号列車が発車した。しかし、異変が起る。運行中の列車から、突然ほとんどの乗客が消失。残されたのは市長を含めた7人の乗客のみ。しかも、外の様子を伺おうとした福田市長は、地下鉄から転落、闇の中に姿を消して消息不明になってしまう。恐慌に陥る乗客たちの前にふらりと現れた薬売りの男は、この事態はモノノ怪の仕業であることを告げる。モノノ怪の生まれた原因を探るうち、地下鉄の開通を巡る汚職事件と、それを追いかけていた一人の女性記者の因縁が明らかになっていく・・・。公式HPより



gazou423.jpg



スポンサーサイト
2007/09/14 | プチおたく日記vol.3 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。