スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
起動戦士ガンダムOO第9話「大国の威信」
冒頭ロックオンがお墓参りしてたので、
もしや・・・彼の過去が詳しくわかるのか!?
と思いきや・・・
あれっ?
木陰にいるのは誰?
お墓の前にいるのは??
えっ???

本名が判明!『ニール・ディランディ』アイルランド出身です!
彼らはコードネームだったと思うので、みんな本名があるんですよね!

度重なるソレスタルビーイングの軍事介入に、ユニオン、AEUがほぼ静観の態度を示す中、人革連は対立の姿勢を崩さずにいた。
探査装置を大量投入し、物量にものを言わせた索敵ミッションを遂行するセルゲイ。その真の目的はガンダムを捕らえることにあった。


セルゲイさんの策略にはまりピンチになるお話でしたね?
敵を研究すればわかることではありますが・・・
膨大な費用を投じた作戦に、ミス・スメラギもやられましたね?
あれだけの物量作戦をうたれて、ソレスタルビーイングはどうするのでしょう・・・まさかむざむざガンダムを捕獲されちゃうんじゃないでしょうね?

今回はカラフル・ハロが可愛かったですね!

重い・暗い・気まずい食事風景には笑いました!

フェルトは中々健気な子ですなぁ?

そして姫様にもとに来た国連のメンバーは
ソレスタルビーイングのメンバーでしたし・・・

アレルヤはまたしても激しい頭痛に見舞われましたね。
ソーマとの接近がそうなるんでしょうか・・・
まさかアムロとララァのように・・・なんてね・・・
ぼちぼち覚醒らしいです。
荒れ狂ったアレルヤの姿が予告編で見られました・・・
なんか・・・歴代のガンダムにもこんな話があったような・・・

かなりパクリ作戦に出てきましたね。
でもちょっと話が展開したので安心しましたが
9話にしてやっと・・・ですからね?
でもこの窮地を脱出してしまったら
またあの平坦な話に逆戻りするのでしょうか・・・
ソレスタルビーイングが窮地から脱出すると共に
ストーリーももう少し起伏のあるものに
脱出してもらいたいものです・・・

スポンサーサイト
2007/12/01 | プチおたく日記vol.3 | コメント(0) | トラックバック(11) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。