スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
職人の神髄 ロックンロールワンTHE・醤油
雑誌「TOKYO★1週間」の“ラーメンof the year 2006”で最優秀新人賞を受賞した『ラァメン家69‘N’ROLLONE』 の店主が創作したオリジナルメニューがカップ麺になりました。鶏がらをベースにたっぷりの鶏油を使ったコクとまろやかさのある醤油ラーメンです。明星食品HPより

gazou230.jpg


ということで早速買って食べてみました。
カップ麺なので麺がどうのといっても・・・
細麺です。お湯を注いで5分待ちます。
3分待つタイプのものよりは生麺に近いかな?

スープは即席麺業界初の新技術なんだそうです。
鶏がらと野菜からとった醤油味のスープです。

具はあとのせで、鶏ほぐし肉とそぼろ肉、千切りネギ、唐辛子チップ、ブラックペッパー入りです。

一口で言うと・・・


トリトリ臭い トリ臭い?


とにかく鶏臭いんですよ?

トンコツが豚臭いのと同じ種類の臭さですぅ。

ある意味カップ麺で鶏臭さがだせるのは凄いとは思うのですが・・・

フライパンで鶏肉を焼くと、皮や脂から出るあの油・・・
あのにおいです。
鶏が大好きな人は全然気にならないかもしれませんが
鶏の皮や脂が嫌いな人にはお勧めしません。

粉末スープ・だしスープ・液体スープと3種類のスープがあります。
だしスープがトリ臭いのか、液体スープの油分なのか・・・
この極端にトリ臭いのが無ければ、
ブラックペッパーが効いたスパイシーな斬新なカップ麺だと思いますが
どうも私には合わないですなぁ?
スポンサーサイト
2007/05/15 | イケ麺! | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。