スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
伝染歌
これってAKB48の映画だったのね?
うっかりしてたわ・・・

イントロダクション:自殺ソングとして知られる『暗い日曜日』をモチーフに、「着信アリ」シリーズの秋元康が企画・原作を手掛け、「バウンス ko GALS」の原田眞人が監督を務めた異色ホラー・ムービー。主演は「NANA」の松田龍平。ある日、一人の女子高生が自殺した。その場に居合わせたあんずは、自殺の直前に口ずさんでいた不気味な歌が気になり、学校の仲間と調べ始める。同じ頃、三流風俗雑誌『月刊MASACA』の編集部員・陸は、歌うと死ぬという“伝染歌”をめぐる都市伝説を耳にして調査を開始する。やがて陸とあんずは出会い、協力して謎の解明を進めるが、その間にも新たな自殺が次々と発生していく…。

伝染歌なんて思わせぶりなタイトルに反して
その内容と言ったら・・・
どこがホラーなの???というくらい怖くない・・・
確かに霊はでてくるんだけどさぁ?

松田龍平や伊勢谷友介が出てたからまだ見れたけど
あんずの気の強さだけが印象に残る映画でした・・・

しかもこのグダグダさで128分はやりすぎでしょう・・・

スポンサーサイト
2008/03/02 | 映画の小部屋 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。