スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
ケンシロウを阿部寛・ラオウを宇梶剛士・レイナを柴崎コウが声優を担当したアニメ作品。

これ・・・原作からはずれて制作したと漫画ファンからはかなり
バッシングされてますたよね?
でも、原作を知らなければ十分楽しめます。
昔、ケンシロウは神谷明がやってましたよね。
かなり違うからどうかな?と思ったけど
それほど違和感はなかったですよ。

ラオウを担当した宇梶さんだけど・・・
普通にしゃべると迫力ないんだけど
大きな声を出すとなかなか良いのよ・・・
なんでだ???
でもね、上手くないんで気になっちゃうのよね?
なんかストーリーに集中できません・・・

それぞれの運命の星の元に生まれた者の
悲しいまでのさだめが描かれてます。

また原作を読みたくなりました・・・

このケンシロウ登場のシーンですが、
レイズナーの第2章(でしたっけ?)の
エイジの登場シーンとダブルんですよね・・・
あの退廃した背景も似てるし・・・
スポンサーサイト
2006/12/08 | 映画の小部屋 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
今年のサイテー映画に決定しました。
2006/12/29 00:26 | URL | 猫姫少佐現品限り #SFo5/nok [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。