スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
スウィニー・トッドを観て来ました。
久しぶりの映画館です!

☆あらすじ☆舞台は19世紀の英国ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド(ジョニー・デップ)。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリ。そんなトッドの共犯者となるのは、ヘレナ・ボナム=カーター演じる美しくもなまめかしい大家ミセス・ラベット。2階の理髪店で起こるおぞましい出来事を、彼女は“ある方法”で見事に覆い隠していく。

ミュージカルってあんまり好きじゃないんだけど・・・
ジョニー・デップだから見に行ったのよ!

ストーリーは単純なものです。
ミュージカルでなければ1時間くらいで終わってしまいそう・・・

ジョニー・デップは歌も中々のものです!
でも一つのセリフを歌にしているので中々進まず・・・
ちょっと不覚にも眠くなりました・・・

かみそりを喉元にあて引く様は彼ならではの
不気味な雰囲気で恐ろしくも美しかったです!
何人もの喉をかき切るのでR-15も納得です・・・
まねをしたらいけません・・・

gazou553.jpg



監督 ティム・バートン
作詞・作曲 スティーブン・ソンドハイム
出演 ジョニー・デップ / ヘレナ・ボナム=カーター / アラン・リックマン / サシャ・バロン・コーエン

ティム・バートン監督とジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター の組み合わせは
もう言うことなしですね。
息の合った演技というんでしょうね?
寸分の狂いもなくしっくりとしたいい感じです。

gazou551.jpg


カラーなのに全体がセピア色のような印象が残ります。
特に強い色合いを映像の中に取り入れていないのですね?
これもかき切った喉から流れる血を引き立たせます。

悲劇が更なる悲劇を生む・・・
この連鎖をじっくり堪能してください!

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』が第65回ゴールデングローブ賞にて作品賞、主演男優賞の2部門受賞!!

第65回ゴールデングローブ賞受賞者発表が、現地時間1月13日(日)18時(日本時間14日午前11時)より、米国ロサンゼルスのビバリーヒルトンホテルで発表され、ティム・バートン監督の最新作『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(1月19日公開)がミュージカル/コメディ部門で作品賞と、同部門主演男優賞でジョニー・デップが受賞し、計2部門の受賞となりました。本作で初の殺人鬼役で、初の歌声を披露したジョニー・デップは、5年連続8度目の主演男優賞ノミネーションで初受賞。1月22日(火)に発表予定の第80回アカデミー賞ノミネーションにも期待がかかります。


2008/01/19 | 映画の小部屋 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
リサイクル ?死界? デラックス版
一言でいうなら香港版サイレントヒルって言ったところかな?
世界観が似てると思った。

監督: アンジェリカ・リー(李心潔) オキサイド・パン ダニー・パン
製作: オキサイド・パン ダニー・パン
脚本: オキサイド・パン ダニー・パン
撮影: デーチャー・スリマントラ
出演: アンジェリカ・リー ラウ・シウミン レイン・リー ローレンス・チョウ

イントロダクション:
人気女流作家が、自ら創造し遺棄したものたちが消え去ることなく再生した“死界”に迷い込み恐怖に晒される心霊ホラー。監督は「the EYE 【アイ】」のパン・ブラザース。ヒロインも同じく「the EYE 【アイ】」のアンジェリカ・リー。記者たちの前で、霊的体験をテーマにした『鬼域』という次回作を発表する人気女流作家のディンイン。しかし構想すらまとまっていなかった彼女は、まったく筆が進まず次第に焦りを感じ始める。アイデアを書いては捨てるを繰り返すディンインだったが、やがて彼女の周りで奇妙な現象が起こり始めるのだった。


売れっ子の女流作家が霊体験をテーマにした新作「鬼域」の執筆中に
不思議な世界へと踏み込んでしまう話です。
ホラーというよりダークファンタジーって感じです。
その異世界には色々な意味合いがあるんです・・・
人から忘れ去られたいろいろなもの・・・
それは捨てられた物やアイデア、忘れ去られた人までもが
この世界には存在しています。
その忘れ去られたもの達の悲しみがつまった世界で
この作家が見たものとは・・・
そしてもとの世界には帰れるのでしょうか・・・

作り方やラストを見るとやはりサイレントヒルに似ていますが
鉄コン筋クリートの世界や奇談の閉鎖感などを思い出します。
アンジェリカ・リー演じる作家も怪奇現象に結構強いので
最初はどうなるのかと思いました。
異世界へ踏み込んでからは、ファンタジーの世界です。
パラレルワールドです・・・
なんか朽ち果てた九龍って感じで、逃げ場がない閉鎖感が
恐怖心をあおります。
正統派の幽霊話かと思いきや、ダークファンタジーの世界へと踏み込み
忘れ去られたものを一掃するリサイクルという黒い霧から逃れながら
元の世界へ帰ろうと奔走します。
その世界で出会った老人と少女・・・
それはまさに彼女が忘れていた自分の祖父と
産むことができなかった自分の子供でした。
実はこの世界に引き込んだのはこの少女だったのです。
自分は本当にいらない子だったのか・・・
本当は産みたかったのか、確かめたかったのです・・・
堕胎から8年・・・この世界で少女は育ったのです・・・
子供心を思うとちょっと切ないですね。
この世に生を受けなくても、やはり子供ってそう感じながら
その存在を消されていくのでしょうか・・・

ホラー要素もたっぷりありますが、
色々と考えさせられるダークファンタジーです。






2008/01/13 | 映画の小部屋 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アポカリプト
メル・ギブソン監督、なかなかやってくれます。
前作の「パッション」も衝撃的でしたが、こちらも迫力満点です。

☆イントロダクション☆
「パッション」「ブレイブハート」のメル・ギブソンがマヤ文明の衰退を壮大なスケールで描いたハード・アクション・アドベンチャー。マヤ文明後期の中央アメリカのジャングルを舞台に、一人の青年が過酷な運命に翻弄されながら家族を救うため奔走する。狩猟民族の誇り高き青年ジャガー・パウは、妻子や仲間と共にジャングルで平和な生活を送っていた。ある時、その村をマヤ帝国の傭兵が襲撃する。捕らえられ、他の仲間と一緒に街へ連れ去られるパウ。そして、干ばつを鎮めるための儀式に生け贄として差し出されるだったが…。 TSUTAYA DISCASより


聞いたことのない言語、うっそうとしたジャングル、自分の体を飾るためのタトゥーや装飾品・・・監督のこだわりが随所に見られ、
あくまでもリアリティーを追求する姿勢には頭が下がります。

しかし古代マヤ人ってあんなことしてたんだ・・・
なんて思っちゃいました・・・
確かにあの時代の人々は自分達の種族意外は認めないんですよね。
生贄狩りのため村を襲い、滅ぼし、大人は全て連れ去るか
抵抗するものは殺され、子供達は放置される・・・
年長の子供が連れ去られる母に向かって「私が面倒みるから」と
叫ぶシーンはなんとも切ない。

そしてこの物語の主人公ジャガー・バウも生贄として連れ去られる・・・大きな穴に身重の妻と幼い子供を隠して・・・

gazou523.jpg


彼の奥さんも頑張りますよ!
なんと水中出産します。
中々魅力的な人です。

連れ去られる途中、病の子供がこのジャガーが救世主になることを予言する・・・この言葉にマヤ人は恐怖を覚える・・・

勇敢な古代人、家族を思う気持ちは今よりはるかに強いように思います。夫婦・親子など絶対的な愛情が描かれていました。

生贄の儀式の中皆既日食により、ジャガー・バウは命拾いします。
そして開放されるも、それは単に逃がした獲物を狩るためだった・・・
はたして彼は愛する妻子の下にもどれるのか!!!

gazou522.jpg



ちょっとプレデターを彷彿とさせる場面も多かった気がします。
ロナウジーニョ似のジャガー・バウは勇敢で美しいと思いました。

マヤ文明はスペイン人の侵略により終焉を迎えるのですが
その直前までをこのジャガー・バウの眼を通して描いています。

とにかく、走る・走る・走る・・・
ストーリーは分かりやすく単純ですが、
なぜか凄くひきつけられ138分もあっという間でした。
面白かったですね?
殺戮シーンはちょっとグロいけど、リアリティーにこだわれば
こんな感じになるのではないでしょうかね?
お勧めです!


2007/11/28 | 映画の小部屋 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
SAW4
SAW4を見てきました。
今回はジグソウ誕生秘話がストーリーの大半を占めていました。

もう痛いシーンには慣れてしまいましたね・・・
次にどうなるかはほぼ検討がつきます。
そういう意味では少々期待はずれ・・・

ただジグソウ誕生に至る経緯には
やはり悲しい過去がありました。

ジグソウもアマンダも死んだ今、
このゲームは一体誰が仕掛けているのか・・・
この推理が唯一の疑問として映画を見ることになりますが、
察しの良い人なら途中で判ると思います。

今回ジグソウに試されたのはリッグ。
でも彼のラストはいつものジグソウの機械仕掛けに
かかったわけではありませんでした。
この辺りも、もはやジグソウの力が及んでいない気がしました。

色々と時系列を考えてると頭が変になります・・・
4を見る前に3を見て復習しておくとわかりやすいかもしれません。
今回は3を思いっきり引っ張ってます!

そしてこのシリーズは5で完結すると言われています。
今回ジグソウの後継者になった人物はどのようにこのゲームを
終わらせるのか・・・
もうジグソウの後を継いで行くものは現れないのか・・・
最後まで見守るつもりでいますが
ちょっと失速気味なのは気になります。

EDで流れてくるのがX-JAPANの曲です。
X-JAPANが聞けてちょと嬉しかった・・・

期待しすぎるとかなり物足りなく感じます。
3までのパワーはないような気がします・・・

2007/11/25 | 映画の小部屋 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ゾディアック
これ・・・中々面白かったです。

とにかく長い映画なのでどうだろう・・・
と思ったのですが、この未解決事件に
どんどん引き込まれました・・・

☆イントロダクション☆「セブン」「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー監督が全米を震撼させた実在の未解決事件に挑むクライム・サスペンス。“ゾディアック”と名乗る謎の犯人が引き起こした連続殺人事件を執拗に追いながら、それぞれ運命を狂わされていく4人の男たちを描く。1969年、のちに自らを“ゾディアック”と名乗る者から、過去の殺人を告白した一通の手紙が新聞社へ届く。そこには謎の暗号文も添えられていた。これに興味を示したサンフランシスコ・クロニクル紙の記者エイブリーと風刺漫画家グレイスミスは、次第にゾディアック事件の深い迷宮に呑み込まれていく…。 TSUTAYA DISCASより

事実に基づいた未解決事件の映画化としては韓国の「殺人の記憶」というのがあります。これも非常に私の興味をそそった物でした。
このゾディアックも細かい証拠を一つ一つ積み重ねていく様は
見ごたえがありました。

そして今回はじめて知ったのですがこの事件に魅せられて最後まで
追求したのが漫画家だったんですね。
刑事でありながら壁にぶつかり挫折する者、
記者だった男は身を滅ぼし、そして漫画家だった男は
この事件に魅せられて家族もかえりみずに没頭する・・・

一つ一つ丁寧に調べ上げ、その証拠と状況と生存者の証言から
かつて犯人ではないかと言われた男にたどり着く・・・

しかし時間の経過はあまりにも長すぎた・・・

解決をみないままのこの事件ですが、
ここまで追求し続けたこの漫画家には頭が下がります。
確信を持って犯人を断定するもやはり時間の壁には
逆らえず・・・

未解決事件だからこそ、映画の中とはいえここまで一緒に
事件を追えたように思います。
解決していないのでやはりここで何らかの決着をつけたらいけないと思います。ゾディアックはこれがベストの状態だと思います。

長くて飽きたという方も多いようですが、
私はずっと一緒に事件を追っている気持ちになれたので
あまり時間を感じませんでした。
サスペンスと言うよりヒューマンドラマ的要素が強かったように思います。

2007/11/08 | 映画の小部屋 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
バイオハザード?
これが最終章です・・・
もうアリスに会えないのはちょっと寂しいですね。

☆イントロダクション☆人気ゲームを映画化したホラー・アクションの第3弾。おなじみミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリスが、宿敵アンブレラ社の“アリス計画”に利用され、壮絶なバトルを展開する。
巨大企業アンブレラ社が開発したT-ウイルスは世界中に感染域を広げ、ついに地上を砂漠化させてしまう。生存者と共に安息の地アラスカを目指していたアリスは、やがて驚異的なパワーに目覚め、最強の敵タイラントに挑む。


gazou490.jpg


今回はやはりアリスの血でT-ウィルスの血清を作ろうとする
アイザック博士との攻防になります。
映画の冒頭でアリスが施設から抜け出そうとして失敗するシーンがありますが、これは彼女のクローン・・・
その死体処理場には無数のクローンが・・・
まるでエヴァの綾波状態ですよ!

本物のアリスは監視衛星から逃れ一人でいた。
それが感染者の死体を食べたカラス達に襲われているカルロス達を
彼女の特殊能力で助けたことから行動を共にする。

アリスは立ち寄ったたガソリンスタンドでアラスカに安息の地があるとの情報を得ていた。それを信じ一行はアラスカへ向かうことに・・・

燃料と食料を調達するためにラスベガスに向かうカルロスと新たな仲間のクレア軍団一行。しかしそこには博士が罠をはっていた・・・

連続する激しい戦いがありみどころ満載です。
あくまでもアリスは美しく強い!
前作のラストにもあったように特殊な能力を身につけた彼女は
ますます美しさにみがきをかけて戻ってきました。

なにやら日本の風景も出てきますが・・・
駐車場に芝浦とか品川とか書いてあるし・・・
看板の文字は日本語と言うよりは中国語みたいな感じです・・・
どうも外国の方の思い描く日本って中国と混同してる感じがします。
ここの地下にこのバイオハザードの対策本部があるようですね。
ちょっとここにも注目しました。

アイザック博士が仕掛けた罠には本人もヘリコプターに乗ってきていました。このヘリをアラスカへの足としたい彼女達は追跡をして基地を突き止めます。そこは砂漠でアン・デッドが無数に群がる場所でもありました。ラスベガスでアン・デッドにかまれた博士は抗体を何本もうちます。改良されたアン・デッドの感染力は強く、1本では効かなくなっていました。そしてそれにより博士は・・・

アリスにはこの基地の研究所で力強い味方を得ます。
そして博士との戦いは!?

話しのテンポもよく、闘うシーンが多いので
飽きずに楽しめる娯楽作品ですね。
ファン必見です。

でも・・・EDを歌うのが倖田來未なんですよ・・・
できれば日本語の入った曲は聞きたくなかったな・・・



2007/11/04 | 映画の小部屋 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ロッキー・ザ・ファイナル
なんでだろう・・・
こんなにも単純なのにとっても感動しちゃう・・・
分かりやすいから余計感情移入もしやすいんでしょうね!
これもスタローンのパワーなんですね?

それにしても今は亀田親子問題で世間は騒がしい・・・
あの親子も一家でこれ見てボクシングとは何かを
学びなおしたら良いんじゃないでしょうか。

☆あらすじ☆シルベスター・スタローン主演の人気シリーズ最終章。妻に先立たれ、息子ともうまくいかないロッキーは、孤独感を拭うためボクシングを再開。やがて大観衆が詰め掛けたラスベガスのリングで、ヘビー級チャンピオンに挑む。 TSUTAYA DISCASより

年老いて、愛妻のエイドリアンも病気で失い、
一人息子ともしっくり行かない・・・
なんとも侘しく寂しい日々をおくるロッキー・・・
物悲しい目をしています。
エイドリアンズというレストランを経営していて、
これが結構流行ってます!
ポーリーも元気に登場します。

エイドリアンとの思い出がちらほらと出てきますが
これが何とも涙が出そうなくらい懐かしい・・・

途中で保健所から犬を連れてきますが
この犬もまるで今の自分の姿を重ね合わせたかのような
犬を選び連れ帰ります。
これがパンチーと言って、ロッキーと一緒に
ランニングするんですよ・・・
その姿が中々健気でかわいい!

あの年でライセンスを復活させ、
トレーニングに励むなんて・・・
心の中の炎が見えるようで
その必死さ、真剣さが伝わってきます。
この姿に息子も心を開き、通じ合えるようになっていきます。

試合はエキシビジョウンマッチではありますが
相手は無敗の若いチャンピオンです。

1RでKOかと思いきや、ロッキーの重いパンチは
相手の闘争本能にも火をつけます。
そして、金儲けのための試合だったはずが
本当のボクシングをチャンピオンが
老いた元チャンピオンから学んでいきます。

会場のロッキーコールも胸に熱く響きます!
最終ラウンドまで戦い抜き、ロッキーの顔には
充足感に満ち満ちています。
そして試合の結果を聞く前にリングを降り
退場していく中、リング上では結果が発表されます・・・
結果は・・・

会場全体からのロッキーコールの中、
会場のファンから差し出された手を取るロッキー・・・
感動的でした!

ロッキーは不滅です!
私はロッキーを最後まで見届けました。
私もとても満足しています。

何事も真剣に取り組むと言うことは
人の心を動かすものなんですよね。
ロッキーはいつまでも皆の心に残ると思います!

いつかあのロッキーが駆け上る階段を
私ものぼってみたい!

2007/10/28 | 映画の小部屋 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。